料金が気になる!長距離引越しを賢く行う方法

長距離引越しは中小の引越し業者が取り扱っていないケースもあり、そして距離がある分どうしても引越し料金が高額になりがちです。

賢く引越し業者を選ぶためにもそもそもなぜ、高額になるのかをもう一度よく考えてみましょう!

高額になるのは何となく予想はつくと思いますが単純に距離が長くガソリンを多く使うからというだけではありません

引越し業者は荷物を運ぶトラックは商売道具です。そのトラックを長距離になればその分、長時間使用することになります

当然、運転手の労働時間、場合によっては作業員もその時間を他の作業が出来ないという事になります。

また、引越しを終えて帰りの時間も考えると近距離の引越しを複数件こなせる事を考えると引越し料金が高くなってしまうのも納得です。

この事をしっかりと理解すれば少しでも安い引越しをするにはどうすれば良いのかが見えてきます。

長距離引越しは大手が有利?

そもそも中小の引越し業者では長距離引越しを扱っていない場合も少なくありません。それだけでも選択肢は狭まりますが価格面でも大手のほうが割安になることが多いです。

その理由は全国に張り巡らされたネットワークにより経費を削減できるからです。例えば荷物を運ぶ際にも様々な選択肢があります。

何百件、何千件を毎日こなしているような大手引越し業者なら輸送を効率的に行うことが出来るからです。

他の引越しする人の荷物と一緒に運ぶ混載運送やコンテナによる鉄道輸送などチャーター便とは異なる方法で荷物を移動させることにより人件費などを抑え価格面を抑える事ができるからです。

それ以外にも家財の到着時間は少し遅くなりますが運送費用が安く済む船便での引越しも引越し日時に余裕がある人はお勧めです。

チャーター便でも引越し後に引越し先から空のトラックでもどる必要が無くまた別の引越し荷物を載せて戻るといった事も場合によっては出来るからです。

搬入、搬出作業は長距離でも短距離でもやることは変わりませんが輸送部分で距離はもちろんトラックを含めた拘束時間が価格に反映されるのですからその部分を少しでも削減できれば引越し料金に反映されるのです。 

前もって準備して余裕を持たせる

長距離の引越しともなれば搬出から搬入まで引越し作業時間は当然、長くなります。長距離移動は荷物はもちろん、ご自身も運転などあれば疲れは大きくなると思います。

また、今の住まいから新しい住まいに移るまでの宿泊先なども必要になってくる事もあるかと思います。

近距離とは少し違うプランにもなることが多いので色々と予定を立てる必要が増るはずです。

その為、余裕をもって引越しを考えるべきです。なにより前々から余裕を持つことで引越しの日時に多少なりとも融通が利くようになる可能性も多くなるかもしれません。

実は、これが長距離引越しの際に引越し料金を抑えれる可能性が増えるのです。

長距離引越しは搬入搬出は近距離とほぼ同様ですが輸送の面で大きく異なります

上記でも説明しましたがチャーター便では無く混載輸送、船便など輸送方法の工夫で費用を抑える事ができるのです。

しかし、それは引越し業者のタイミングに合わせられるかどうかが重要になってきます。つまり引越し作業日時に余裕を持たせなければ難しい場合が多いのです。

引越し料金を抑える為には荷物を減らす、時期をずらす等、近距離でも行う方法はしっかりとやりつつ、長距離ならでは抑える方法もしっかりと行っていきましょう!

長距離引越しの各社の対応

【ありさんマークの引越し社】
長距離スペシャル便、長距離エコ便、長距離エコリーズナブルパックとい ったチャーター便、JR貨物、コンテナ便などを利用し低価格輸送を実現しています

長距離は比較する価値がある

長距離引越しの価格は引越し業者のタイミングが大きく左右してきます。

多くの引越し業者に見積もりを出してもらうことによりタイミングのあう引越し業者を見つける事が出来ます

もともと費用が高くなりがちな長距離引越しですが、比較するのとしないのでは大きな差となることが多いです。

引越し予定日にゆとりを持たせることも重要になってきますが、行先はもちろん、日取りのタイミングが良く安く受けれる引越し業者は必ず見つかるはずです。

面倒な見積もりですがそれを一括で出来てしまう無料サイトを活用し長距離引越しを安く出来るようにしていきましょう!

引越し業者一括見積サイト一覧

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)